スマホレビュー 2020年発売 スマホニュース

TCL 10 5G発表! 5万円以内で買える5G対応端末

2019年末、2万円台にしてミドルクラス最高性能のスマホをリリースしたTCLが、その後継機種ともいえるシリーズを発表した。

下位モデルであるTCL 10Lについては「TCL Plexよりもコスパが悪くなっている」と述べたが、上位モデルであるTCL 10 5Gについては事情が違う。

TCL 10 5GはTCL Plexよりも少し高価になっているが、性能もそれに見合うものとなっている。さらに、この端末は5Gに対応している

5G対応端末と言えば、日本でもリリースされ始めているが、どの端末も軒並み10万円を超えるという事態になっている。

そんな中、TCL 10 5Gは一際安い価格で発表された。その価格は、約4万6千円。現在リリースされている5G対応端末の半額以下である。

スペックと評価

2020年度のスマホの評価基準をもとに作成

項目詳細評価
発売日2020年-
値段(コスパ)399ユーロ(46000円)★★★★☆
5G対応端末としてはかなり安価
SoC(処理性能)Snapdragon 765G
antutu 30万点
★★★☆☆
ミドルクラスとしてはほぼ最高性能
メモリ6GB★★★☆☆
標準的な容量
バッテリー(電池)4500mAh
18W急速充電
★★★★☆
大容量
写真などの保存容量128GB
microSD対応
★★★☆☆
標準的な容量。microSDで増設も可能
画面の綺麗さ液晶
2340*1080
★★★☆☆
下位モデルのTCL 10 Proの方が綺麗
携帯性76.56*163.65*9.05mm
210g
★☆☆☆☆
かなりでかくて重い
防塵防水なし☆☆☆☆☆
なし。前身のTCL Plexと同じ
カメラ(画素数)広角:6400万
超広角:800万
マクロ:200万
深度:200万
内:1600万
★★★☆☆
メインカメラのセンサーサイズは1/1.72。10Lよりも大型だが、下位モデルの10 Proより小さい
オプション・背面指紋認証
・顔認証
★★★☆☆
下位モデルのTCL 10 Proは画面内指紋認証
★合計50点満点中27点↑

十分な性能を持ちながら、値段も安い

TCL 10 5GはこれまでTCLがリリースしてきた端末の中で最も高性能な端末だ。

スマホの性能を測るベンチマークソフトのスコアは約30万点。TCL Plexの約21万点を10万点近く上回っている。

この性能はミドルクラスではほぼ最高性能となり、日本でリリースされた端末ではHuawei nova 5Tとほぼ同等である。しかし、TCL 10 5GはHuawei nova 5Tよりも約1万円安くなり、コスパは上だ。

そしてTCL 10 5Gはその名の通り、5Gに対応している。この端末は5G対応端末としては別格に安い

下記は現在日本で発表されている5G対応端末の価格だ。

製品docomoauSoftBank
Galaxy S20102960円117480円-
Galaxy S20+114840円133280円-
AQUOS R5G111672円129145円129600円
Xperia 1 II123552円133600円-
LG V60 ThinQ118008円-139680円
ZTE Axon 10 Pro 5G--89280円

軒並み10万円を超えてしまっている

これらと比べると、TCL 10 5Gがいかにコスパが高いかわかるだろう。

もちろんTCL 10 5Gはミドルクラスの端末のため、性能では上記の5G端末には敵わない。だが、決して低性能ではなく、普段使いで問題になることは全くないと言って良いほど高性能だ。

単純に5Gを利用したいという事なら、既存の高価な端末に手を出すよりも、TCL 10 5Gのような端末がリリースされるのを待った方がいいだろう。

その他の性能も中々だが、下位モデルに劣る点もある

バッテリー、カメラ等の性能も中々だ。前身のTCL Plexから着実に進化している。

バッテリーは3820mAhから4500mAhと大幅な増量となり、稼働時間は確実に増した。

カメラは画素数、センサーサイズ共に大きくなっている。このカタログスペックならかなり綺麗に写真が撮れるだろう。

だが、下位モデルであるTCL 10 Proと比べると、若干劣っている点もある

まず画面の綺麗さだが、TCL 10 5Gは液晶パネルだが、TCL 10 Proは有機ELパネルである。発色はTCL Proの方が上だろう。

また、メインカメラのセンサーサイズも、TCL 10 5Gが1/1.72に対して、TCL Proは1/1.7である。基本的にセンサーが大きいほど写真は綺麗になる。

これらの若干劣る点は、5Gに対応することによってトレードオフになった点と言える。だが、この程度の違いなら、性能の高さも考えてTCL 10 5Gを選んだ方がコスパが良いと言えるだろう。

今後発表されるミドルクラス5G端末も期待できる

TCL 10 5Gは5G対応端末には珍しいミドルクラスの端末だ。

この端末のコスパが良い要因の一つとして、SoCが安価であることが挙げられる。

SoC:スマホの処理性能を決める部品。CPUやGPUを一つのチップに纏めて搭載している。System on a Chipの略。

TCL 10 5Gに搭載されているSoCはSnapdragon 765Gというもので、高性能でありながら価格は抑えられるという特徴がある。

そしてこのSoCは、今後日本でリリースされるミドルクラス5G端末にも採用されている。下記が搭載予定の端末だ。

  • OPPO Reno3 5G
  • ZTE a1
  • Mi 10 Lite 5G

これらの端末はまだ価格が発表されておらず、発売も少し先となる(2020年夏頃?)。5G対応端末を買うのは、上記のスマホのコスパが判明するのを待った方がいいだろう。

スマホは最もよく使う日用品であり、生活の豊かさに直結する重要なデバイスである。端末を選ぶときは、よく吟味して自分に最適なスマホを見つけ出してほしい。

TCL 10L発表! 前身のTCL Plexよりコスパが悪くなっている

2019年末、2万円台にしてミドルクラス最高性能のスマホをリリースしたTCLが、その後継機種ともいえるシリーズを発表した。 発表されたのは「TCL 10L」、「TCL 10 Pro」、「TCL 10 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, 2020年発売, スマホニュース
-, , , , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.