スマホニュース

楽天のなりふり構わないバラマキ! Rakuten Miniが1円で手に入る!

2020年の4月から、楽天が通信キャリアとしてスタートしたのは記憶に新しい。当ブログでも、すぐさま回線を申し込み、今も使用している。

私の楽天UN-LIMITの現在の印象は、「速度も容量も十分。なおかつ値段は格安SIM並みに安い。東京都に住む人ならば、すぐに契約した方がいい」というものだ。

これはセールストークではなく、割と真面目に思っていて、このまま今の品質が一年間保たれれば、メイン回線として乗り換えようと考えている。

ところが、だ。どうやら楽天UN-LIMITの契約数は思っていたよりも振るわないらしい。そこで楽天は、なりふり構わないバラマキを始めた

もともとの1年間無料に加えて、なんと今契約すればRakuten Miniが1円で手に入るというのだ。

なんてことだ。私は契約するタイミングを間違えてしまった。だが、今楽天と契約していないあなたは幸運だ。

今すぐ楽天UN-LIMITに契約し、ただ同然で1年間無料のSIMとRakuten Miniを手に入れることをお勧めする

めちゃくちゃお得な楽天UN-LIMITプラン

だが、今すぐ契約した方がいいといったところで、なかなか食指が動かないのが現実だろう。

契約はめんどくさいし、事務手数料や違約金を警戒する人が大半のはずだ。

そんなあなたの誤解を解くために、楽天UN-LIMITがどれだけお得か、私が解説しよう。

まず事務手数料だが、楽天UN-LIMITは3300円だ。だが、この金額は楽天スーパーポイントで全額返還される。

さらに契約途中で解約した場合の違約金だが、なんと楽天UN-LIMITは違約金が存在しない

そして月額利用料だが、冒頭で言った通り1年間無料である。

そのうえなんと、契約すると楽天スーパーポイントが3000円分もらえる。

つまり、実質的にお金がかからないどころか、契約するとお金が増えてしまうプランなのである。

こんなお得なプランが他にあるか。一年間使って、気に入らなければ解約してしまえばいい。

一切お金はかからず、手元には楽天のポイントが残っているのである。私も1年後、この回線がダメだと思ったら解約するつもりである。

実用的な小型端末Rakuten Miniが1円でついてくる

しかも現在は、上記のお得なサービスに加え、Rakuten Miniが1円でついてくるのである。

Rakuten Miniについては、当ブログでもレビューを書いている。

Rakuten Miniレビュー! 手の平サイズのスマホが、実質2000円!?

最近のスマホはでかい。元々日本人は手が小さいし、正直言って最近のスマホは持ちにくくてたまらない。これじゃあスマホを乗り換えたくても、いつまでたっても乗り換えられないよ……。 そんなあなたに朗報だ。楽天 ...

続きを見る

1円だからと侮ってはいけない。Rakuten Miniは、小型スマホの中では最もお勧めする端末だ。

ライバルのPalm Phoneと比べると処理性能が高く、バッテリー容量も多い。さらに、おサイフケータイまで搭載しているのである。

もしサブ機として小さな端末を探しているのなら、楽天UN-LIMITを契約してRakuten MIniを1円で手に入れるのが、最もお得な選択肢だ。

楽天UN-LIMITの通信品質はどうなのか?

ここまで楽天UN-LIMITのコスパを中心に語ってきたが、通信品質はどうなのか

いくらコスト的にお得でも、肝心の通信品質が伴わないようではお話にならない。

サービス開始当初から使っている私の印象は、「少なくとも楽天回線エリアにおいては、docomoなどの大手通信キャリアと遜色ない」というものだ。

下記の記事において、楽天UN-LIMITの1か月の通信速度を公開している。

楽天UN-LIMITを1か月使用! 見えてきた弱点と通信品質を解説!

楽天UN-LIMITが正式サービスを開始して1か月が経った。 このプランは容量無制限で月額2980円、おまけに1年は無料という非常にお得なプランだが、まだ本当に使えるのか怪しく思っている方も多いのでは ...

続きを見る

少なくとも現在は、楽天UN-LIMITの速度は大手通信キャリアに全く劣っていない。

地下に弱いという弱点もあるが、値段を考えれば私は妥協できるレベルである。

では、楽天回線エリア以外(パートナー回線エリア)ではどうなのか?

私が使った限りだと、残念ながら格安SIMと同等レベルといったところだ。めちゃくちゃ遅いというわけではないが、速くはない。

まあしかし、楽天回線エリア以外であっても容量制限が2ギガから5ギガまで引き上げられたし、制限を超えた場合でも1Mbpsで通信できる。

それに、楽天回線エリアは今後もどんどん増えていく。今確認したところ、以前は楽天回線エリア外だった吉祥寺が、楽天回線エリア内に変わっていた。

着々と設備は整ってきているようだ。今後の展開が楽しみである。

とりあえず契約しておくことをおすすめ

ということで、楽天UN-LIMITは元々お得なプランに加え、Rakuten Miniがついてくることで一層コスパが高くなった。

契約しても一切損をすることはないので、私はとりあえず契約しておくことをお勧めする。

今の自分の回線と比較してみて、使い勝手を再確認してはどうだろうか。

もし楽天よりも現在の回線が優れているなら、そのままその回線を使えばいい。楽天は1年後に解約だ。

もし楽天の方がいいなと感じたら、1年後に乗り換えを検討だ。今はまだサービス開始当初で、この品質が保たれるかどうかはわからない。試用期間だと思って、1年後にプランを見直そう。

比較がめんどうなら、たまに私のブログを見に来ていただいてもいい。

私は常に楽天UN-LIMITの品質をチェックしているので、定期的に報告記事を上げるつもりだ。それを見れば、一々あなたが通信速度を計ったりする必要はない。ざっくりと楽天UN-LIMITの品質の変化を把握することができるはずだ。

次回の報告は6月8日ごろの予定である。サービス開始当初とはまた状況が変わってきているので、楽しみにしていてほしい。


  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホニュース
-

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.