スマホレビュー 2019年発売 スマホ雑記

結局Oppo Reno AとTCL Plexどっちがいいのか?

2020年3月9日

2020年3月現在、最もコスパが高いスマホであるOppo Reno ATCL Plex。もしかしたらあなたは、この二者のどちらを選べばいいのか悩んでいるのではないだろうか。

無理もない。3万円台にしてあらゆるオプションがそろったOppo Reno A、2万円台ながらミドルクラス最高の処理性能を持つTCL Plex。どちらも良すぎる。だが、ガジェットオタクでもない限り、両方を買うことなどないだろう。

果たしてどちらを買えばいいのか。

結論から言うと、私はOppo Reno Aを買うことをお勧めする

根拠1.処理性能はわずかにTCL Plexの方が上だが、ゲーム性能は実はOppo Reno Aの方が上

まず処理性能だが、基本的に性能はTCL Plexの方がいい。だが、ほんのわずかの差だ。普通に使っている分には全く違いを感じることは出来ないだろう。

そして実は、処理性能自体はTCL Plexの方が上だが、ゲーム性能はOppo Reno Aの方が上なのである。ゲームにおいて重要とされるのはGPU性能(グラフィックの描写性能)なのだが、この性能はハッキリOppo Reno Aが搭載しているSnapdragon 710の方が上である。

処理性能でほとんど差が無く、ゲーム性能はOppo Reno Aの方が上なら、ゲームをよくする私はOppo Reno Aを選ぶ。

根拠2.Oppo Reno Aの方が画面が綺麗

二つ目の根拠として、画面の綺麗さを挙げる。Oppo Reno Aは画面に有機ELを採用しており、発色においては液晶のTCL Plexに圧倒的に勝る。

有機ELと液晶の違いは何かというと、発光の仕方にある。液晶は色のついたパネルに後ろから光を当てているため、黒い色でも光ってしまう。それに対して有機ELは画素そのものが光っているため、黒色が本当に黒い。これは映画などの暗い映像を観るとハッキリ違いとして認識できる。

Oppo Reno Aの画面は非常に美麗となっており、最高級スマホであるiPhone11Proにも劣らない

さらに、有機ELは綺麗なだけでなく、液晶より消費電力が少ないという利点もある。実はスマホのバッテリー消費の大部分が画面の発光によるものであることをご存知だろうか。バッテリー持ちについてもOppo Reno Aは有利なのだ。

根拠3.オプションは圧倒的にOppo Reno Aの方が上

三つ目の根拠はオプションだ。Oppo Reno Aは日本で必要とされるオプションが充実している。

まずは防塵防水。Oppo Reno AはIP67相当の防塵防水性能を備えており、30分の水没にも耐えられる性能となっている。TCL Plexに防塵防水は無い。

次におサイフケータイ。Oppo Reno Aはこの価格帯では珍しくおサイフケータイを備えている。この価格帯で他におサイフケータイを備えているのは、AQUOS Sense3くらいだ。TCL Plexにはおサイフケータイは無い。ちなみに、AQUOS Sense3は性能でOppo Reno AとTCL Plexに圧倒的に劣るため、今回は比較対象としていない。

更にOppo Reno Aはケースと保護フィルムが最初から付属しており、本体を買うだけでスマホに必要なものが全て揃ってしまう。ちなみに、これはTCL Plexも同じだ。AQUOS Sense3は本体以外何もついてこない。中国の端末は実はものすごくサービスが良いのだ。

根拠4.カメラはTCL Plexの方が上だが、カメラ性能を重視するなら基本的に格安スマホを選ばない方がいい

カメラについてはハッキリとTCL Plexの方が上だと断言できる。TCL PlexはOppo Reno Aにはない広角カメラががついているし、夜の撮影にも強い

Oppo Reno Aもこの価格帯にしては十分綺麗なのだが、やはり機能不足な点は否めない。

ただし、私はカメラ性能を重視するなら、最初からこの価格帯のスマホをお勧めしない。いくらTCL Plexが価格にしては高品質なカメラを備えているからと言って、ハイエンドのスマホに勝てるほどではない

本当にキレイな写真を撮りたいのなら、最初からスマホにはそれなりの投資をすべきだ。例えば、55000円のHuawei nova 5Tなどを候補に挙げる。このくらいの価格帯から、高性能なカメラのスマホが増えて来るだろう。

Huawei nova 5Tレビュー! 楽天回線対応かつコスパが高いのはコレ

先日、楽天モバイルが通信キャリアとしてのプランUN-LIMITを発表した。とてつもなくお得なプランであることはこのブログでも既に紹介したが、このプランは楽天回線対応機種でないと動作保証がされないという ...

続きを見る

あるいは、中古でiPhone 8を買うという手も断然アリだ。数年前の機種ではあるが、iPhone 8は当時のハイエンド端末だ。カメラ性能は今でも十分に通用する。今ならiPhone 8も3万円台から買えるはずだ。ただし、中古のスマホはバッテリーがへたっている可能性があることには気を付けてほしい。

総合的に見てお買い得なのはOppo Reno A

以上がTCL PlexよりもOppo Reno Aをお勧めする理由だ。基本的にOppo Reno Aの方が優れており、カメラを重視するならもっとハイスペックなスマホを選んだ方がいい。

そして価格差はたったの7000円。これくらいなら、私は断然Oppo Reno Aを選ぶ。私は数か月Oppo Reno Aを使用しているが、不具合なども一切発生していない。非常に満足度の高い端末だということをお伝えしておく。

3万円台で手に入る全部入りスマホ「Oppo Reno A」3ヶ月使ってみた感想!

2020年2月現在、コスパ最強のスマホとして紹介した「Oppo Reno A」を使用して三か月が経ったので、その感想を纏める。 結論から言うと、想像以上に満足度の高い端末だった。 タップできる【目次】 ...

続きを見る

ちなみに、2020年3月9日の現在、TCL PlexはAmazonや楽天で手に入らなくなっているようだ。商品のリンクを作るためにあちこち探し回ったのだが、結局下記の割高(38900円)の商品しか見つからなかった

この価格だと明確にOppo Reno Aの方が優れている

ちなみに、Oppo Reno Aは楽天モバイル版だとほとんど値段が変わらず保存容量が倍の128GBまで増える。めちゃくちゃお得なので、Oppo Reno Aを買う時は楽天モバイル版を買うことをお勧めする。

Snapdragon710、RAM6GB、ROM64GB、3600mAh、有機ELディスプレイ、価格:約37000円
  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, 2019年発売, スマホ雑記
-, , , , , , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.