スマホレビュー 2019年発売 スマホ雑記

3万円台で手に入る全部入りスマホ「Oppo Reno A」3ヶ月使ってみた感想!

2020年2月12日

2020年2月現在、コスパ最強のスマホとして紹介した「Oppo Reno A」を使用して三か月が経ったので、その感想を纏める。

結論から言うと、想像以上に満足度の高い端末だった。

3万円台にして、必要な機能が全て揃っている

格安スマホと言えば安かろう悪かろうの代名詞だった。

安い代わりに動作はモッサリ。モッサリしてないかと思えばおサイフケータイに対応してない。水に濡れると壊れる。それらをクリアしたスマホは基本的に高いのだ。

その常識をぶっ壊したのが、2019年10月に発売されたこのOppo Reno Aだ。

処理性能は5万円で売っている日本のスマホよりワンランク上。その上防塵防水に対応し、おサイフケータイもあり、画面は滅茶苦茶綺麗でバッテリーもかなり多い。

そんな端末がなんと37000円で出たのだ。間違いなくコレを作ったOppoは赤字である。赤字覚悟で、日本の市場を獲りにきたのだ。詳しい仕様はレビューを読んでほしい。

OPPO Reno Aレビュー! これは本当に3万円台のスマホなのか?

最近のスマホは高い。特に法改正により端末割引の上限が2万円までにされてしまった2019年、ドコモなどのキャリアのスマホを使ってきた人は特にそう感じるのではないだろうか。 「これを機会に格安スマホに乗り ...

続きを見る

全く不満のない性能

私はスマホを四六時中触っている。このブログの記事もスマホで推敲しているくらいだ。その私が、性能に関しては全く不満を憶えることが無かった。

私が普段使っているアプリは「Twitter」、「Kindle」、「Youtube」、「Chrome」などがあるが、どれもサクサク動作した。

ゲームもよくプレイする。特に多いのが「ファイアーエムブレムヒーローズ」と「刀剣乱舞」だが、どちらも快適に遊べる。性能が低い端末だと本体がホッカイロのように熱くなるが、この端末は全く熱くなることが無かった。

想像以上にもつバッテリー

想定外に嬉しかったのが、この端末のバッテリーのもちだ。3600mAhと数値上はそれほど多くないが、思った以上に長く使える。

おそらく、その要因は画面の方式だ。この端末は画面に有機ELを採用している。有機ELは画素そのものが発光する方式のため、暗い色は光らない。そのため消費電力が抑えられるのだ。

液晶はバックライトで画面全部を光らせてしまうので、その分消費電力が多いのだ。

基本的に有機ELは液晶より高価なので、格安スマホに搭載されることはない。これも、この端末の豪華な点の一つだ。もちろん、画面の美しさにおいても、有機ELは液晶より遥かに綺麗だ。

ちなみに、有機ELの端末はダークモードで使うと消費電力が抑えられる。chromeやTwitterといったアプリが対応しているので、試してみてほしい。

ストレスフリーの顔認証

これまでの端末では指紋認証か、指の軌跡のパターン認証を使っていた。

だが、この端末に変えてそれらを使わなくなった。なぜなら、あまりにも顔認証が速いからだ。

本当に一瞬で解除される。だから私はロック画面をほとんど見た事がない。ロックを解除しようとしたら、もう既に解除されている。それくらい速いのだ。

もちろん、指紋認証も速く、Google Playストアの決済の時は大いに役に立っている(指紋認証を使えば、暗証番号などを入力する必要がない)。

安っぽいケースと画面保護フィルム

ここからは残念だった点を挙げる。

やはり、最初から付属しているケースと画面保護フィルムは安っぽい。指紋がべたべたついてなかなか取れないし、それほど乱暴に扱っていなのに、あっという間にフィルムに傷がついてしまった。

やはり、あと少し高くてもいいから、せめて画面保護フィルムはいい物を使ってほしかった。ケースは画面ほど目にする機会がないから妥協できる。それに、本体を何度かうっかり落としてしまうことがあったが、しっかり防御してくれる性能はあった

とはいえ、これは本当に贅沢な望みだ。最初からケースと画面保護フィルムがついているのが特別なのだ。なぜなら、格安スマホには充電アダプタすらついていないものがあるのだ。特に、日本のスマホは高級スマホであってもついてなかったりする。

スワイプアップジェスチャの精度がいまいち

なんのこっちゃと思うかもしれないが、要は指の動作で「戻る」、「ホーム」、「タスク一覧」を開く機能の事だ。Android 10からは標準の機能になった。

私は新しいものが好きなので早速この機能をONにした。その方が下のボタンが無くなって画面が広くなるし、慣れればより速く操作できるからだ。

だが、このジェスチャの精度がいまいちなのだ。タスク一覧を開こうとしてもなかなか開かず、すぐにホームに戻ってしまう。今は普通に操作できるが、かなり慣れが必要だった。

また、このスワイプアップジェスチャはよく暴発する。特にキーボードで文字を打っている時に、「わ」のボタンをいじろうとすると良く起きる。これには私も参った。

Oppo Reno Aではない、高級スマホだとスムーズにジェスチャが使える。例えば、Googleの公式端末Pixel 4などだ。流石に高級端末だけあって、違和感なく使えた。

ちなみに、このスワイプアップジェスチャを憶えると、iPhoneも同じように使えるようになる。操作方法が同じなのだ。

キーボードがいまいち

文字入力もイマイチだ。この端末はShimejiというキーボードを採用しているのだが、どうにも使い辛い。

例えば「只乃俊明」と入力しようとして、変換したとしよう。そのままだと「只の敏明」と変換されたと仮定する。

まずは「只乃」としたいので、→を押して変換する。うまく変換出来たら、確定して次に「敏明」を「俊明」に変えたいと思うのだが……

すでに確定されてしまっているのだ。仕方なく私は「敏明」を消して、また「としあき」と入力することになる。

あまりに使い辛いので、Android標準のGboardというキーボードに変えてしまった。

ただ、一つ擁護しておくと、Shimejiの予測変換はかなり優秀だった。Gboradは予測変換はいまいちなので、ここは痛し痒しだ。

長く愛用できそう

いくつか悪い点を書いたが、どうだろうか。私は余裕で妥協できる。

ケースと保護フィルムはついているだけありがたいし、スワイプアップジェスチャ操作は慣れた。キーボードは標準の物に変えたら全く問題ない。

大体、どんな物でも不満が出ないということはあり得ない。それに対して、この端末は37000円という格安で大した不満も出なかった。

この端末とは長く付き合えそうだ。スマホ乗り換えを考えている人がいたら、自信をもって勧められる。購入するなら、下記の楽天がおすすめだ。値段はほとんど変わらず、写真の保存容量が倍になる。通信契約も必要ない。

Snapdragon710、RAM6GB、ROM64GB、3600mAh、有機ELディスプレイ、価格:約37000円

バッテリーを長持ちさせる設定

※2020年4月4日追記

価格ドットコムを眺めていると、「OPPO Reno Aはバッテリー持ちに不満がある」という方が多いようだった。私はOPPO Reno Aに5分で出来る設定を行うことによって、大幅に稼働時間を伸ばすことに成功した。

バッテリーに対する不安が無くなれば、この端末にはほとんど隙が無くなる。是非下記の記事を読んで参考にしてほしい。

【バッテリー持ちが悪い!?】OPPO Reno Aを1.5倍長持ちさせる設定!

「バッテリーが弱いです。前使ってたスマホと比べて減りが速いです」 「何も使わなくてもどんどん減ります。操作してないときもOSがなにかしてる気がする」 上記は価格ドットコムでOPPO Reno Aに寄せ ...

続きを見る

【実機検証】OPPO Reno Aのカメラは本当に良くないのか?

私の最近のおすすめスマホは「OPPO Reno A」である。3万円台ながら高い処理性能と豊富なオプションを備えた高コスパ端末だ。 だが、当然弱点もある。口コミを見ると「バッテリーが少ない」という意見が ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, 2019年発売, スマホ雑記
-, , , , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.