スマホ雑記

【速度検証】楽天UN-LIMIT2か月目! 上りの速度劣化が著しい。

上りの速度劣化が止まらない

楽天UN-LIMITが正式サービスを開始して2か月がたった。

当ブログではサービス開始当初からこのプランを使用し、日々通信速度を記録している。

1か月目は安さに似合わぬ高速な通信が出来て驚いた。果たして2か月目はどうか?

結論から言うと、遅延と下りの速度は先月からそれほど変わっていない。しかし、上りの速度が著しく遅くなるという結果になった。

2か月目のスピードテスト測定結果

まずは2か月目のスピードテストの測定結果からだ(先月の測定結果はこちら)。

最初に、簡単に測定項目の説明を載せておく。

遅延通信を行って応答が返ってくるまでの時間。この数値は主にアクション系のゲームなどに影響する。数値が大きいほどゲームの反応が遅くなる。俗にいう"ラグい"という状態。
下りダウンロードの速度。ネットの利用は主にダウンロードとなるため、通信品質においてはこの項目が最も重要。
上りアップロードの速度。ダウンロードに比べると使う機会が少ないので、重要度はそれほど高くない。

当ブログでは基本的に一日一回以上、東京都西側の楽天回線エリア内で測定を行っている。

それでは結果を見てみよう。

日付遅延(ms)下り(Mbps)上り(Mbps)
2020/05/09 11:166447.0030.00
2020/05/10 09:592339.701.60
2020/05/11 08:1731103.8055.20
2020/05/12 12:002242.703.00
2020/05/13 07:488291.4048.60
2020/05/14 08:182829.9029.30
2020/05/15 08:163088.6055.00
2020/05/16 08:442556.400.50
2020/05/17 08:393945.400.70
2020/05/18 08:073457.4029.00
2020/05/18 17:554286.9055.20
2020/05/19 19:164267.1028.00
2020/05/20 08:133912.400.50
2020/05/21 08:172214.000.40
2020/05/22 08:072224.900.90
2020/05/23 08:303733.503.50
2020/05/23 12:415721.500.50
2020/05/23 12:586521.100.50
2020/05/24 09:533750.700.80
2020/05/25 08:3711418.401.20
2020/05/26 08:313938.604.20
2020/05/27 08:264734.501.50
2020/05/28 08:312426.000.30
2020/05/29 08:332940.700.90
2020/05/30 22:003633.200.60
2020/05/31 09:196720.500.60
2020/06/01 08:344033.101.20
2020/06/03 08:162737.502.00
2020/06/04 08:203728.000.50
2020/06/05 08:1541134.7022.80
2020/06/06 08:333243.901.00
2020/06/07 09:052024.300.50
2020/06/07 15:01399.603.60
2020/06/08 08:103644.5035.70
平均40.2644.1712.34

遅延速度と下りの速度については良好

遅延速度と下りの速度については、先月に引き続き良好な結果となった。

まず遅延速度だが、平均40.26msとなっている。先月の数値は39.23msだ。ほとんど変わっていない。

これだけの数値があれば、大規模なオンラインゲーム(ドラクエ10やFF14など)であっても問題なくプレイすることができるだろう。

下りの速度についても問題ない。今月は平均44.17Mbpsとなった。先月は53.54Mbpsだった。

若干落ちているが、この程度であれば誤差の範囲内だろう。実際の使い心地においても、ほとんど違いを感じることはないはずだ。

そしてこの数値は、docomoやauなどの大手通信キャリアとほぼ遜色ない数値だと言える。月額2980円でこの速度が維持できているのは驚異的だ。

私は楽天UN-LIMITのほかに格安SIMのビッグローブと契約しているのだが、そちらとは比較にならないほど速かった。

上りの速度は目に見えて遅くなった

ここからは残念な報告だ。遅延速度、下りの速度と優秀な楽天UN-LIMITだったが、上りの速度は目に見えて遅くなった

今月の上りの平均速度は12.34Mbps。先月の25.17Mbpsから半分ほどになってしまっている。

さらに気になるのが、1Mbpsを切るような極端に遅い日が半分以上を占めているということだ。

先月も少ないながらこういう日がいくつかあったのだが、今月は目に見えて遅い日が増えてしまっている。

上りの速度は下りの速度よりも優先度が低いとはいえ、この速度はあまりにも遅い。昨今はSNSやブログなどでファイルをアップロードする機会もそれなりにあるので、せめて5Mbpsは安定して出るように改善してほしいところだ。

楽天回線エリアは確実に広がっている

速度検証の結果は先月と比べて少し残念だった。

だが、今月は速度以外に楽天UN-LIMITに変化があったことに気付いた。

楽天回線エリアが広がっているのだ。

私が気づいたのは吉祥寺にいたときだ。

先月は吉祥寺は楽天回線エリアの範囲外で、パートナー回線に切り替わる場所だった。それが、吉祥寺であっても楽天回線エリアとして使えたのである。

広がった楽天回線エリア。吉祥寺も範囲内になっている

まだまだエリア自体は狭いが、広がっていることが確認できたのは僥倖だ。

今後も確実にエリアを延ばしていってほしい。日本全土にエリアが広がれば、ユーザーは確実に増えていくだろう。

思ったよりもユーザーが増えないので、さらに大胆なバラマキを始めた

楽天UN-LIMITは現在1年間の利用料が無料になるキャンペーン中だ。

おまけに事務手数料も楽天ポイントで全額還元され、そのうえ3000ポイントが増えるという大盤振る舞い中である。

楽天UN-LIMITに契約すると、お金が減るどころか増えるのだ

それだけ楽天は新規ユーザーを欲しがっている。にもかかわらず、ユーザーの増加は芳しくないようだ。

当ブログでも何度もおすすめしているが、いまだに契約してくれた方はいない(がっくり)。

そこで楽天はさらに大胆なバラマキを始めた。

なんと、今なら契約と同時にRakuten Miniを1円で購入できるのだ。

Rakuten Miniは本来2万円の端末である。それが1円で買えるということは、2万円をばらまいているのに等しいことである。

この端末はコンパクトスマホの中ではかなり実用的で、もし小さいスマホをお探しなら、是非この機会に楽天UN-LIMITを契約することをおすすめする。今ならただ同然の価格でスマホが手に入る

コンパクトスマホに興味がない方でも、楽天UN-LIMITは他の端末にも最大15000円のポイントを付与している。

特にGalaxy A7は17000円の端末に15000ポイントがついてくるので、実質2000円で手に入れることができる。

あなたもこの機会に、格安スマホのおまけだと思って楽天UN-LIMITを使ってみてはいかがだろうか。


  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホ雑記
-

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.