スマホレビュー 2020年発売 スマホニュース

iPhone SE(2020)開封! 値段は格安だが、品質はまさしくiPhone。

2020年4月24日の今日、ついにiPhone SE(2020)が発売となった。そして私の元にも早速本体が届いた。

あなたも新型iPhone SEがどのような物か気になっているのではないだろうか。本記事ではiPhone SEの開封からセットアップ、ファーストインプレッションやアプリの使用感などをレポートする。

先に一通り触った感想を報告しよう。

「iPhone SEは値段は格安だが、本体や性能にチープな点は一切ない。品質はまさしくiPhoneだ」

開封~セットアップ

開封すると本体と説明書が出てくる。

説明書に紛れてリンゴのステッカーが出てきたが、一体に何に使うのだろう? 格安スマホにつけて産地を偽装するくらいしか思いつかない。

付属品はイヤホン、充電アダプタ、Lightningケーブル、SIMピンの4つだ。日本の格安スマホのように電源アダプタすら付けない、といったケチ臭いことはしない。

iPhone SEのサイズ感が分かりやすいように、隣に別のスマホを並べてみた。

左がiPhone SEで、右がOPPO Reno Aだ。OPPO Reno Aは最近では標準的なサイズだが、比べてみるとiPhone SEがいかにコンパクトかよくわかると思う。

ちなみ、iPhone SEは白・赤・黒の三色から選べるが、私は黒を選択した。iPhone SEはどの色を選んでもベゼル部分が黒色のため、その方が一体感があると思ったからだ。

今回は楽天モバイルのSIMを挿してみることにする。iPhoneは楽天回線対応製品ではないが、果たして動くのだろうか?

ほぼフル充電の状態で起動した。

左上には楽天回線を探している様子が表示されている。電波はちゃんと掴んでいるようだ。

設定に特に難しい所はない。何も考えずに案内通りにタップするだけだ。

補足しておくと、移行元のiPhoneがある場合は、隣に置いておくだけでデータが全て移行できるようになっていた。移行の簡単さはAndroidよりもiPhoneの方が上かもしれない。

つつがなく設定は進み、問題なくiPhone SEが起動した。

特に何の設定もしなくても楽天回線は繋がった。めんどくさい手順が必要だと思っていたから拍子抜けだ。ただ、ネットにはつながっているはずなのに、アンテナが立っていないのは気になる。再起動すれば治るだろうか。

ちなみに、起動時にダークモードにするか訊かれたので、私はすかさずONにした。これで本体・ベゼル・画面の全てが黒色で統一された。非常に一体感があって良い。

全くチープさのない外観

セットアップが完了したので、改めて本体を眺めてみる。

iPhoneらしい非常に高級感のある本体だ。ガラスのような素材で本体がコーティングされており、確かな感触と共にひんやりとした機械の冷たさを味わうことが出来る。

ここは既存の格安スマホとは大きく違うところだ。ハッキリ言って、格安スマホはボディがチープであることが多い

言わずもがなスマホにとっても最も重要なのは中身であり、それを重視した結果、外側の素材は安物で済ませられることが多いのだ。

だが、スマホは最も人目に晒す機会の多いガジェットであり、外見も決しておろそかにしていい部分ではない

いくら性能が良くても、ボディがプラスチックで出来ているようなスマホを私は使いたくない。私は安物を使っていますと喧伝しているようなものだからだ。

その点、iPhone SEは格安ながらも品質のいい物を使っているという満足感を得ることが出来る。

必要十分な解像度

下記の画像はiPhone SEのスクリーンショットを一切リサイズせずに掲載したものだ。

実はiPhone SEは最近のスマホにしてはかなり解像度が低く、数値にすると750*1334ピクセルしかない。

しかし、これは決してiPhone SEのスペックが低いという訳ではなく、必要十分な解像度であると言える。なぜかというと、これ以上の高精細な画面であっても、人間の目では識別できないからだ。

iPhoneをはじめとしたAppleの製品には、「Retinaディスプレイ」という物が採用されている。これは前述の通り、人間の目で識別できる限界を超えた解像度というところから命名された。

このディスプレイの登場当時、画面の美しさが話題になったことをよく覚えている。あの頃からApple製品の画面の美しさは基本的に変わっていない。

だが、周囲を取り巻く環境は大きく変わった。iPhoneに追従、いや追い越すようにAndroidの高解像度化が始まったのだ。その解像度はRetinaディスプレイを遥かに超え、横幅3000ピクセル以上、縦幅1400ピクセル以上の物が今のフラッグシップになっている。

AndroidがiPhoneを超えたと喜ぶべきところだろうか。しかし、私は少々やり過ぎだと思っている。なぜかというと、これだけ高解像度にしても、人間の目では識別することが出来ないからだ。

私は両目とも視力1.0以上あるが、iPhone SEのピクセルを見分けることは出来なかった。Retinaディスプレイの設計思想は正しいと言っていい。

解像度はiPhoneくらいあればちょうどいいのである。それ以上解像度を上げても、バッテリーを無駄に食うだけだ(基本的に解像度が高いほど消費が激しい)。

ゲームを試す

iPhone SEの売りは何と言っても、iPhone 11と同等の処理性能を持っているということである。4万円台でこの性能を実現しているスマホなど、iPhone SE以外に存在しない(多分)。

早速ゲームを起動してみよう。動かしてみるのは重くて処理性能も必要なPUBG mobileだ。いつも使っているOPPO Reno Aなら、起動するまで数十秒はかかる。

「あと30秒くらいかな……って早!! もう起動してる!!」

びっくりするくらい起動が早かった。OPPO Reno Aの半分くらいの時間で立ち上がった。

ゲーム中も全く動作が遅れることがない。

OPPO Reno AはPUBGをやっていると多少本体が温かくなるのだが、iPhone SEは全くそんなことは無かった。この程度は余裕ということか。

さらに、iPhoneはステレオスピーカーなので、音質が非常に良い。OPPO Reno Aはモノラルのため、どこから銃声がしたのかよくわからなったりする。

iPhone SEはスペック的に非常にゲームに向いている。

ただし、実際の遊びやすさはOPPO Reno Aの方が上だった。何故かと言うと、iPhone SEは画面が小さくて敵を視認しづらいうえ、ボタン同士の距離が近くて誤射することが何度もあった。

FPSをするなら画面の大きなスマホの方が向いているかもしれない。

カメラを試す

iPhone SEはシングルカメラではあるが、非常に高品質な写真が撮れるとAppleは謡っている。

その実力はいかほどだろうか。私の下手糞な腕を補ってくれるほどなのか。

中々自然な色合いだ。シングルカメラとしての性能は十分に高いと思う。

ただ、性能よりも私は撮った写真が勝手に動画になっていることの方が気になった。

どうやらデフォルトで「Live」という機能がONになっているらしく、この状態で写真を撮ると問答無用で動画にされてしまった。

Liveで撮った写真はjpegではなくheicという見慣れない形式で保存されてしまい、変換に手間取ってしまった。

カメラの右上のボタンでLiveをオフに出来ると知ったのは家に帰った後だ。

次はもう少しカメラ機能に習熟してからリベンジしたい。

バッテリーの持ちはどうか?

さて、セットアップを行い、ゲームを遊んで、カメラで写真を撮った。

これだけ使い倒した後、バッテリーはどれくらい残っている物だろうか。

私がiPhone SEを起動したのは午前9時。そしてこの原稿を書いている現在が午後7時半だ。バッテリーの残量は下記の通りだ。

ちょうど半分の50%となっていた。

10時間でこれだけ残っていれば、十分1日の使用に耐えるのではないだろうか?

事前の情報ではバッテリーが1821mAhしかないため、バッテリーの持ちを不安視する声もあったが、その心配はなさそうだ。

やはりiPhoneは消費電力が非常に少ないのだろう。バッテリー容量を心配している人には、ヘビーな使い方をしない限りは全然問題ないとお伝えしておく。

ただし、ほぼ同じように使用していたOPPO Reno Aは同時刻で75%バッテリーが残っていた。やはりバッテリー容量が倍の3600mAhもあると持ちが違う。

コンパクトで安いスマホを探しているならiPhone SE一択

いかがだったろうか。

私が一日触った感想としては、値段に見合わぬ高品質なスマホだと感じた。

もしあなたがコンパクトで安いスマホを探しているなら、iPhone SE一択と言えるくらいは良い端末だ。

次回以降は、Androidの格安スマホとの比較、楽天モバイルでの動作検証、しばらく使ってみての良い点・悪い点などを記事にする予定だ。

購入を検討している方は、是非参考にしてほしい。

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, 2020年発売, スマホニュース
-, , , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.