スマホレビュー 2020年発売 スマホニュース

【中華スマホの侵略が始まった】auが5G対応スマホを発表!

2020年3月23日

2020年3月23日の本日、auが2020年春夏の5G対応スマホの発表を行った。

ラインナップを見た私は驚いた。そこに並んでいたのは、ソニーやシャープといったおなじみのメーカーだけではなく、OPPOやXiaomiといった中国のメーカーの名前があったからだ。

私は思った。

「とうとう中華スマホによる本格的な侵略が始まった……」と。

価格は基本的にdocomoより一回り高め。だが……

下記がauが発表した5G端末のラインナップだ。

製品価格SoCメモリバッテリーコスパ
Xperia 1 II133600円Snapdragon 8658GB4000mAh★☆☆☆☆
Galaxy S20117480円Snapdragon 8658GB4000mAh★★★☆☆
Galaxy S20+133280円Snapdragon 86512GB4500mAh★★☆☆☆
AQUOS R5G129145円Snapdragon 86512GB3730mAh★★☆☆☆
OPPO Find X2 Pro未定Snapdragon 86512GB4260mAh
ZTE a1未定Snapdragon 7656GB4000mAh
Mi 10 Lite 5G未定未定未定未定

Xperia 1 II、Galaxy S20、Galaxy S20+、AQUOS R5Gは全てdocomoよりも一回り高くなっている。SoftBankとはほぼ同じといった所だ。

基本的にdocomoに比べてコスパが悪いので、星を一つずつ減らしている。

だが、注目すべきではそこではない。まだ価格が未定となっているOPPO Find X2 Pro、ZTE a1、Mi 10 Lite 5Gだ。

これらは全て中国の大手メーカーによる5G端末だ。

OPPO Find X2 Proは海外発表時にレビューさせていただいたが、凄まじい性能のハイエンド端末となっている。

ZTE a1とMi 10 Lite 5Gは初出だが、ミドルレンジ端末となる。5G端末はハイエンド端末ばかりなので、これらは手を出しやすい5Gスマホとして普及する可能性を秘めている。

さて、気になるのはこれらの端末の価格だ。

とてつもないコスパになる可能性がある

実はこれらのスマホの価格は発表時に値段が公開されていた。その後、auから価格を再調整する発表がされ、未定となった。

その調整前の価格が凄まじいのである

まず、OPPO Find X2 PRO。他社のハイエンド端末と同等以上のスペックを誇るスマホで、iPhone11を超えるぶっちぎりの最高峰の端末なのだが、その価格はなんと約7万円

衝撃である。この価格はあまりに常識外れすぎて、5Gスマホの評価の基準を変える必要がある。

当ブログでは星5点満点で評価しているが、このスマホは満点を超えて星6つや星7つになってしまう。このスマホを見た後では全ての5Gスマホが霞んで見えるだろう。

次に、ZTE a1。こちらも凄い。ミドルレンジ端末であるからXperia 1 IIやAQUOS R5Gに性能は劣るのだが、値段は約5万円。ミドルレンジと言っても決して低い性能ではなく、現在発売されているあらゆるミドルレンジよりも高性能となる。

最後に、Mi 10 Lite 5G。これも衝撃的だった。ミドルレンジ端末なので性能が劣るのはZTE a1と同じだが、5Gに対応しながら値段は約3万5千円。値段を考えるとこれが一番売れるかもしれない。

まあ、あくまで調整中の価格であるから、これより高くなる可能性はある。だが、それでも一度はこの価格で公開した意義は大きい。期待に胸が膨らむ。

中華スマホによる本格的な侵略が始まった

私はかねてより中華スマホが本格的に参入すれば、日本のメーカーを駆逐してしまうと述べていたが、それがとうとう始まったと感じる。

【知らないと損する】実際、中華スマホってどうなの?

最近、中国メーカーのスマホを見る機会が多くなってきた。世界第二位のスマホメーカーであるHuaweiのスマホはかなり前からヨドバシカメラに並んでいるし、つい最近SoftBankが5G対応端末としてOPP ...

続きを見る

今回はauの発表だったわけだが、SoftBankにおいてもOPPOとZTEのスマホがラインナップされている。ZTEの端末はすでに値段が発表されており、他のメーカーより一回り安い89280円となる。OPPOのReno3 5Gはそれよりさらに安いと予想されている。

やはり中華スマホのコストパフォーマンスは圧倒的だ。性能は日本のスマホよりワンランク高く、それなのに値段は一回り安い。こんなすごい中華スマホにどこが勝てるというのだろう。

唯一勝てる可能性があるとすれば、米国のAppleだろうか。噂通りなら、今年発売されると予想されているiPhone SE2(iPhone 9)は凄まじいコストパフォーマンスになる。その性能は、現状最高のスマホであるiPhone11とほぼ同等でありながら、値段は約4万5千円との噂だ。事実なら最強の高コスパ端末となる。

もちろん、5Gに対応するiPhone 12も要注目だ。なぜなら、スマホの処理性能ではiPhoneが頭一つ抜けて高いからだ。どれだけメモリやバッテリー容量をAndroid端末が上げても、基本的な性能ではiPhoneには敵わない。それがiPhone 11のように安価な約8万円で発売されれば、他社は降参するしかないだろう。

今後の各社の動向に要注目だ。

なお、当ブログでは後日docomo、SoftBank、auの5G対応スマホの比較記事を掲載する予定である。是非今後のスマホ乗り換えの参考にしてほしい。

【一目でわかる】2020年春夏5G対応スマホ比較表!【docomo,au,SoftBank】

ついに日本の三大通信キャリアであるdocomo、au、SoftBankの2020年春夏5G対応スマホが出そろった。 当ブログでは現時点で判明している情報を元に、価格やスペックが一目でわかる一覧表を作成 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, 2020年発売, スマホニュース
-, , , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.