スマホニュース

【一目でわかる】2020年春夏5G対応スマホ比較表!【docomo,au,SoftBank】

ついに日本の三大通信キャリアであるdocomo、au、SoftBankの2020年春夏5G対応スマホが出そろった

当ブログでは現時点で判明している情報を元に、価格やスペックが一目でわかる一覧表を作成した。

春から始まる新生活のスマホ乗り換えの参考にしていただきたい。

※なお、楽天は5Gのスタートが6月以降になる予定なので、まだ5Gスマホについては発表されていない

2020年春夏5G対応スマホ一覧表

製品docomoauSoftBank主なスペック
Galaxy S20102960円117480円-・Snapdragon 865
・8GB
・4000mAh
Galaxy S20+114840円133280円-・Snapdragon 865
・12GB
・4500mAh
Galaxy S20+ Olympic Games Edtion未定--・Snapdragon 865
・12GB
・4500mAh
AQUOS R5G111672円129145円129600円・Snapdragon 865
・12GB
・3730mAh
Xperia 1 II123552円133600円-・Snapdragon 865
・8GB
・4000mAh
LG V60 ThinQ118008円-未定・Snapdragon 865
・8GB
・5000mAh
arrows 5G未定--・Snapdragon 865
・8GB
・4070mAh
OPPO Find X2 Pro-未定(約7万円?)-・Snapdragon 865
・12GB
・4260mAh
OPPO Reno3 5G--未定・Snapdragon 765
・8GB
・4025mAh
ZTE Axon 10 Pro 5G--89280円・Snapdragon 865
・6GB
・4000mAh
ZTE a1-未定(約5万円?)-・Snapdragon 765
・6GB
・4000mAh
Mi 10 Lite 5G-未定(約3万5千円?)-未定

思った以上に各社のラインナップには差が出たと思う。

ざっと注目個所を説明しよう。まず、5G対応スマホは基本的にハイエンド端末となり、さらに5Gに対応することで1万円以上上乗せされていると思った方がいい。そのため、XperiaやAQUOS、Galaxyといった端末は去年のフラッグシップよりも若干高くなっている。

それらのおなじみの端末であっても、キャリアによって価格は大きく異なる。AQUOS R5Gがどのキャリアでも出るので分かりやすいが、docomoが1万円以上安くなっている。Xperia 1 II、Galaxyといった端末もdocomoが1万円以上安い。これらの端末が欲しい人は、docomoで検討すると良いだろう。

そして、少し値段が高くなるauとSoftBankは、おそらくそれらを目玉としていない

まずauだが、現在値段が発表されていない機種が三つある。OPPO Find X2 Pro、ZTE a1、Mi 10 Lite 5Gがそれだ。この三機種は値段が10万円以下と、他社のスマホよりもはるかに安くなることが予想されている

かといって、性能が低いわけでもない。OPPO Find X2 Proは一覧表にある中でトップクラスの性能を持っているし、ZTE a1、Mi 10 Lite 5Gについても現行のあらゆるミドルレンジ端末より性能が上である。

もちろん、今後発売を予想されているミドルレンジ端末であるXperia 10 IIよりも遥かに性能は上だ。

間違いなくauの目玉商品はこれだ。予想よりも値段が高くなる可能性は勿論あるが、スマホ乗り換えを考えている人は注目しておいた方がいい。

そしてSoftBank。まずZTE Axon 10 Pro 5G。これは現在価格が発表されている5G対応スマホの中で最も安価である。それでいて、性能も他社に劣っていない。現在分かっている中では最もコスパの高い端末だ。

さらに注目はOPPO Reno3 5Gだ。ミドルレンジの5G対応端末となり、おそらくSoftBankの5G対応スマホの中では最も安価となる。もちろん性能は現行のあらゆるミドルレンジ端末より上だ。Xperia 10 IIよりも高性能なのは言うまでもない。

以上の事から、現在価格が発表されていないスマホこそ春夏の注目端末となる。これらの端末の価格が判明するまで、スマホ乗り換えは控えた方がいいかもしれない。

中華スマホが大攻勢をかけてきている

表を見ていただければわかると思うが、基本的に性能はほぼ全て横並びとなっている。

わずかにメモリやバッテリーの差はあるが、どれも不満を覚えるような差ではないので、どれを買ってもストレスなく使えるはずだ。

だが、現在価格が発表されていない中華スマホの値段が発表すれば、コストパフォーマンスで大きな差を付けられる可能性が高い

いよいよ日本のスマホが危うくなってきた。元々日本のスマホは高価であり、その上性能は中華スマホに一歩劣っていた。

だが、これまでは中華スマホは基本的にSIMフリー端末のみの販売であったため、一般には中々浸透していなかったのだ

それがついに、通信キャリア大手3社が本格的に採用を始めた。これを機に、急速に中華スマホが日本市場に浸透していくと予想できる。

日本のスマホメーカー危うし、だ。果たしてこのレッドオーシャンを、日本のメーカーは生き残れるのだろうか。

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホニュース
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.