スマホレビュー 2020年発売 スマホニュース

ROG Phone 3発表! 性能とともに値段もクッソ高くなってしまった。

世界最高の性能だが、値段が前期種よりクッソ高くなってしまった

スマホと言ったら、プライベートからビジネスまで幅広く利用されるデバイスである。だが、最も利用機会が多いのは実はゲームではないだろうか

そんなゲームに特化した端末でありながら、街中ではとんと見かけない端末がある。

超高性能だが、デカくて重くて派手で、持ち歩くのはちょっと気が進まない。それはゲーミングスマホだ

そして、おそらくもっとも有名なゲーミングスマホ、ROG Phone 3(アールオージーフォンスリー)が発表された。

この端末は現状最高のSoCであるSnapdragon 865を、さらにスペックアップしたSnapdragon 865 Plusを搭載した、超高性能スマホである。

ROGブランドに相応しいスマホだが、性能アップとともに前機種のコスパは失われ、クッソ高い端末になってしまった

スペックと評価

2020年度のスマホの評価基準をもとに作成

項目詳細評価
発売日2020年?-
値段(コスパ)8GB+256GB:799ユーロ(99000円)
12GB+512GB:999ユーロ(124000円)
16GB+512GB:1099ユーロ(136000円)
★★☆☆☆
前機種は最高の性能でコスパも高かったが、今回は値段も高くなってしまった
SoC(処理性能)Snapdragon 865/865 Plus★★★★★
上位の2つのモデルはSnapdragon 865 Plusだが、下位のモデルはSnapdragon 865。Snapdragon 865 Plusは現状最高のSoCであり、あらゆる5G端末より性能が高い
メモリ8GB/12GB/16GB★★★★☆
8ギガから16ギガまで選べる。最低容量の8ギガだと星4つ
バッテリー(電池)6000mAh
30W急速充電
★★★★★
超大容量。長時間のゲームにも耐えられる
写真などの保存容量256GB/512GB★★★★★
256ギガと512ギガから選べる。256ギガだとして、星5つ。
画面の綺麗さ有機EL
2340*1080
144Hz
★★★★★
リフレッシュレートは驚異の144Hz。1秒間に144回も画面を書き換える。通常の倍以上の性能
携帯性78.0*171.0*9.85mm
240g
★☆☆☆☆
ゲーミングらしいデカさと重さ。携帯はしづらいが、ゲームは画面がでかい方が遊びやすい
防塵防水なし☆☆☆☆☆
ゲーミングに防水を求めるのはナンセンスかもしれない
カメラ(画素数)外:6400万
超広角:1300万
マクロ:500万
内:2500万
★★★☆☆
4K動画が60fps、8K動画が30fpsで撮影可能とのこと。
オプションSTADIA 3か月無料☆☆☆☆☆
STADIAの3か月無料トライアルがついてくるようだ
★合計50点満点中30点↑

頭一つ抜けた高性能。評価基準が揺らぐレベル

ゲーミングスマホと言ったら、何をおいても性能だ。性能こそ存在価値であり、最も重要視すべき部分なのだ。

その性能に関して、ROG Phone 3は現状存在するあらゆるスマホの中で最高の性能である

ROG Phone 3は最新の5G端末に搭載されているSnapdragon 865を、さらにカスタマイズしてスペックアップしたSnapdragon 865 Plusを搭載しているのだ。

Xperia 1 II、Galaxy S10、AQUOS R5Gといった端末はすべてSnapdragon 865を搭載しており、性能はすべて横並びである。ROG Phone 3は、それらよりも頭一つ抜けて高性能ということになる。

スマホの性能を測るベンチマークソフトantutuによると、Snapdragon 865のスコアは約56万点となっている。それにたいして、Snapdragon 865 Plusは約65万点を叩き出したらしい。

なんてこった。当ブログでは性能の評価をする際、これまではSnapdragon 865を基準に、50万点を星5つとしていた。それがSnapdragon 865 Plusの登場により、さらに天井が高くなってしまった。

評価を改めるか迷うところだが、現在の評価基準は2020年度向けに策定したものである。途中で変えてしまうと、これまでの評価と辻褄が合わなくなってしまうので、とりあえずは据え置きで行こうと思う。

なに、心配することはない。現在のスマホは性能が上がり過ぎて、50万点だろうが60万点だろうが十分すぎるほどハイスペックである。違いを感じることはまずない。はずだ。

最高の性能だが、気を付けることがある

前述のとおりROG Phone 3は最高の性能だが、気を付けることがある。

それは、モデルによって性能が変わってしまうということだ。

ROG Phone 3には3つのモデルが用意されている。それぞれメモリ、ストレージが違うワケだが、なんと最も下位のモデルはSoCがSnapdragon 865となってしまうのだ。

モデルSoC価格
メモリ8GB+ストレージ256GBSnapdragon 865799ユーロ(99000円)
メモリ12GB+ストレージ512GBSnapdragon 865 Plus999ユーロ(124000円)
メモリ16GB+ストレージ512GBSnapdragon 865 Plus1099ユーロ(136000円)

つまり、最下位のモデルは最高性能ではなくなってしまうのである。

これではROG Phone 3を買う価値が大きく損なわれてしまう。そのため、ROG Phone 3を買うなら、最低でもメモリ12GB+ストレージ512GBのモデルとした方がいいだろう。

そしてコスパが爆下がりしてしまった

ROG Phone 3を買うならメモリ12GBのモデルから。しかし、そうなってくると、今度は別の問題が浮かび上がってくる。

それはコスパの問題だ。上記の表でも併記したが、メモリ12GBのモデルは値段が12万円以上もする。

これは前期種の最低価格が約6万円だったことから比較すると、約2倍の価格上昇となる。

ROG Phone IIレビュー! 最高のゲーム性能に、超コスパの端末

最近のスマホのゲームはすごい。3Dをバリバリ使って家庭用ゲーム機に負けないグラフィックを実現していたり、2Dでも滅茶苦茶アニメーションが動きまくったりする。 おのずとスマホには性能が求められる。性能と ...

続きを見る

あまりにも高い値上げではないか。前期種はそのコスパの高さから、私は大いにお勧めしていたのだが、今作はちょっと軽々にお勧めできない。12万円と言ったら、定額給付金を全額使っても買えないからだ。

それでは、最下位モデルの99000円のモデルを買うか? いや、それも私はお勧めできない。

先ほども記述したが、最下位モデルだとSoCがグレードダウンしてしまい、Xperia 1 IIやAQUOS R5Gと性能が変わらなくなってしまうからだ。これではあえてROG Phone 3を選ぶ意味がなくなってしまう。

かといって、上位モデルはどちらも高い。非常に悩ましいところだ。

ストイックにゲーム性能を追求したい人向け

というわけで、ROG Phone 3は素晴らしい性能を持っているが、コスパはお世辞にも高いとは言えない。大手を振って「お勧めですよ!」とは言えないのが正直な感想だ。

ただし、やはり最高の性能というのは、それだけで価値がある。性能ばかり語ってしまったが、ROG Phone 3は他にも素晴らしい箇所がある。

まず、画面のリフレッシュレートが144Hzもある。これは1秒間に144回画面を書き換えるということだ。通常のスマホが60回と言えば、どれだけすごい性能かよくわかるだろう。ROG Phone 3の画面はとてつもなく美麗かつ滑らかなはずだ。

さらに、ROG Phone 3は強力な冷却機構が備わっている。スマホは長時間使用していると熱を帯びてしまい、それに伴って性能が下がることがよくある。ROG Phone 3は大型のヒートシンクに、外付けの空冷ファンまでつけることで、最高性能が長く保てるようになっている。長時間のゲームプレイには非常に心強い。

長時間のゲームプレイとなると、バッテリー容量が気になるところだが、その点もROG Phone 3は抜かりない。搭載しているバッテリー容量は6000mAhにもなる。並みのスマホの2倍の容量だ。

とにかく、ストイックにゲーム性能を突き詰めた端末となっている。少々値が張るのは残念だが、究極のゲーム体験を求めるなら、このくらいの投資は必要なのかもしれない。

あなたが生粋のゲーマーなら、ROG Phone 3という選択肢は、断然アリだと私は思う。

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, 2020年発売, スマホニュース
-, , , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.