スマホレビュー 2020年発売

OPPO Reno3 A発表! なぜか前機種よりも性能が落ちている。

このスマホではXiaomiに勝てない。

auのサブブランド、UQ mobileがOPPO Reno3 Aの発売を発表した。

OPPOと言えば、2019年10月に発売したOPPO Reno Aの印象が強い。そしてこの端末はその後継となるスマホのようだ。

Reno Aは3万円台の手ごろな価格ながら、防塵防水におサイフケータイを備え、性能も必要十分なスペックを備えた優等生スマホだった。私も安価なスマホを探している方には、基本的にこのスマホをお勧めしている。

私はこのスマホの後継機種を非常に楽しみにしていた。そしてReno3 Aの仕様を見てがっかりした

Reno3 Aは防塵防水、バッテリー、カメラといった部分を強化しながら、肝心の処理性能を落としてしまっている

Reno Aとの比較はともかく、これではXiaomiのスマホに勝てないだろう

スペックと評価

2020年度のスマホの評価基準をもとに作成

項目詳細評価
発売日2020年6月-
値段(コスパ)不明☆☆☆☆☆
性能を考えると、3万円以下じゃないと厳しい
SoC(処理性能)Snapdragon 665
antutu 17万点
★☆☆☆☆
Xiaomiのスマホは言うに及ばす、前身のOPPO Reno Aよりも低い
メモリ6GB★★★☆☆
標準的な容量。Reno Aと同じ
バッテリー(電池)4025mAh★★★★☆
そこそこの容量。Reno Aの弱点であるバッテリーを補強してきた
写真などの保存容量128GB
MicroSD対応
★★★☆☆
そこそこの容量。楽天モバイル版のReno Aと同じ
画面の綺麗さ・有機EL
・2400*1080
★★★★☆
画面に関してはReno Aとほぼ同じ仕様
携帯性・74.1*160.9*80.2mm
・175g
★★★☆☆
大きさを考えるとかなり軽め。Reno Aよりは若干重い
防塵防水IP68★★★★★
ほぼ最高の防塵・防水性能。Reno AのIP67からさらに強化してきた
カメラ(画素数)メイン:800万
カメラ2:4800万
カメラ3:200万
カメラ4:200万
内:1600万
★★★☆☆
Reno Aからカメラはかなり強化してきた。構成は不明だが、標準、広角、ポートレート、マクロといったところだろうか。
オプション・おサイフケータイ★★★☆☆
Reno Aからおサイフケータイの搭載は継続。そのほかの仕様は不明。
★合計50点満点中29点↑

Reno Aの弱点をしっかり補強してきた

前身のReno Aは非常に優秀なスマホだったが、それでもいくつかの弱点があった。

まず第一に、バッテリー容量だ。

Reno Aは3600mAhのバッテリーを備えていた。決して少ない容量ではないのだが、それでも使い方によっては一日持たないこともある。

昨今のスマホは4000mAh以上備えたモデルが増えてきており、3600mAhでも少ないと感じる人もいるだろう。

それに対し、新機種のReno3 Aは4025mAhのバッテリーを搭載している。これは素直に褒めたいところだ。しかも、バッテリー容量を増やしながらも、本体の軽さはほぼキープされている。

バッテリーはスマホの中でも重い部品となり、これを強化すると本体は重くなってしまうというトレードオフの関係になっている。Reno3 Aの重さとバッテリーのバランスは非常に良好だ。

第二の弱点が、カメラの貧弱さだ。

Reno Aは外側に二つのカメラを備えており、標準カメラと深度測定カメラという構成になっている。

昨今はカメラを外側に4つ以上つけているモデルも珍しくなく、それらと比較してしまうと、2眼のReno Aは物足りない印象を受けるのは間違いない。

また、スマホのカメラにおいては広角撮影を使用する頻度が多く、それに対応したカメラが存在しないのも残念な点だ。

それに対し、新機種のReno3 Aは外側が4眼構成となっている。しっかりとカメラのトレンドにも対応してきたわけだ。

構成は不明だが、この画素数から推察すると、カメラ1:標準、カメラ2:広角、カメラ3:ポートレート、カメラ4:マクロ(もしくは深度測定)という構成ではないだろうか。少なくとも広角撮影がついているのは間違いないだろう。

このように、Reno Aで弱点とされていた部分がしっかり補強されている。この点は非常に好印象だ。

また、弱点ではないのだが、防塵防水や保存容量もグレードアップしている。これにより、Reno Aの隙がさらに無くなったと言えるだろう。

一番肝心の処理性能が落ちてしまった

ここまではいい。Reno3 Aは前機種からさらに隙をなくした。

だが、スマホにおいて最も重要なのは処理性能だ。そしてReno3 Aは、なぜかこの処理性能が落ちてしまっている

Reno Aは安価ながらSnapdragon 710という、同価格帯のスマホと比べるとかなり高性能な部品を使っていた。それがReno Aを抜群のコスパのスマホと言わしめていたのだ。

ところが、後継のReno3 Aはこの部品がグレードダウンしてしまっている。搭載されているのはSnapdragon 665。この部品はXperia 10 IIやmoto g8 plusと同じものだ。

つまり、同価格帯のスマホと比べて高性能というReno Aの個性は、後継機種になって綺麗さっぱりなくなってしまったのだ

これには疑問符を付けざるを得ない。

我々ユーザーからするとさっぱり意味のわからない仕様変更だが、なんと当のOPPO公式すら意味がわからないらしい。下記はユーザーの疑問に対するOPPOのつぶやきだ。

 

OPPOが意味が分からないのに、ほかの誰が意味が分かるというのか。まったくもって疑問である。

そしてOPPO公式はSnapdragon 665はまだまだ実用レベルと述べているが、問題はそういうことではなく、Reno3 Aのコストパフォーマンスはどうなのかということである。

スマホのコスパは、性能と値段のバランスで決まる。いくら性能が良くても値段が15万円もしたらコスパは最悪だし、いくら安くても性能がarrows M05レベルでは話にならないのである。

その点、前期種のReno Aは絶妙だった。この値段でこの性能なら、買うに値すると思わせる説得力があったのである。

Reno3 Aのコスパはまだ不明だ。値段がまだ発表されていないのだ。

だが、この性能となると、値段が3万円以下でないと厳しいと私は思う。それくらいでないと、Reno Aのコスパを超えることができない

これではXiaomiのスマホに勝てない

そして本当の問題は、Reno Aのコスパを超えていないということではない

ライバルのXiaomiのスマホに全く勝てていないということだ。

あなたもご存じかもしれないが、中国の大手スマホメーカーであるXaiomiが、とうとう日本に本格的に進出しだした。

そのために送り出してきたのが、Mi Note 10 LiteとRedmi Note 9Sというスマホである。

このスマホは両機種ともとてつもないコスパを持っている。どちらもReno3 Aどころか、Reno Aよりも上の性能となっている。しかも値段もReno Aと同等以上に安い。

これまではXiaomiのスマホはバンド対応と技適対応に弱点を抱えていて、性能が良くても積極的におすすめできなかった。ところが、上記の2機種はこれらの問題も解決してしまっている。

性能で上回られ、コスパも上をいかれ、サポート面でも同等となると、Reno3 Aのどこに勝ち目があるのだろう?

ほんのわずかながら勝機があるとすれば、Xiaomiは防塵防水やおサイフケータイには対応していない、というところだろうか。

だが、果たしてそれがこのスマホを選ぶ決定打になるだろうか? 私はどうにも弱い気がする。やはり一番重要なのは、性能に対する値段、つまりコスパなのだ。

一応言っておくと、日本メーカーと比べるとOPPO Reno3 Aはコスパがかなり高いと感じる。だが、日本人はそれだけではOPPO Reno3 Aを選ばないだろう。

基本的に中華スマホというだけで、日本人は敬遠する傾向にある。それらを押しのけて選んでもらうには、国境を超えるほどの絶対的な価値が必要となる。

そのためには、なんとしてもXiaomiと同等以上のスマホであってほしいところだ。

今後、OPPOはOPPO Reno3 5Gや、OPPO Find X2 Proといったスマホの発売を控えている。それらのコスパは高いことを祈っている。

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, 2020年発売
-, , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.