スマホレビュー 2020年発売 スマホニュース

最もコスパの高い5G端末となるか!? Oppo Reno3 5G発表!

2020年3月10日

2020年4月より、いよいよ日本でも次世代通信規格である5Gが始まる。それに合わせて、スマホメーカーも続々と5G対応のスマホを発表しているところだ。

だが、5Gは単純に喜ぶべきことばかりではない。5G対応のスマホは値段が高いのだ。

SamsungのGalaxy S20は110000万円(海外)、シャープのAQUOS R5Gは129600円、ソニーのXperia 1 IIは144000円(海外)。

どれもこれも10万円以上するスマホばかりだ。これじゃいくら5Gが優れているからと言って、おいそれと手を出すことは出来ない。

そんな中、庶民の救世主となるかもしれないスマホが発表された。その名も、「Oppo Reno3 5G」。このスマホはまだ値段が判明していないが、海外での販売実績から、最もコスパの高い5G端末となると私は見ている。

スペックと評価

項目詳細評価
発売日2020年7月下旬以降-
値段(コスパ)不明
(海外では約6万円)
☆☆☆☆☆
最もコスパが高い5G端末になるか?
SoC(処理性能)Snapdragon 765G★★★★☆
ハイエンドに一歩劣るが、十分高性能
メモリ8GB★★★★☆
高級スマホと遜色なし
バッテリー(電池)4025mAh★★★★☆
大容量!画面が有機ELなのも相まって、バッテリー持ちは良いと予想
写真などの保存容量128GB★★★★☆
そこそこ大容量
画面の綺麗さ有機EL
90Hz
★★★★★
Oppoの製品の画面は滅茶苦茶綺麗
解像度1080*2400★★★☆☆
普通
防塵防水ない☆☆☆☆☆
非常に残念……
カメラ(画素数)外:4800万
広角:1300万
望遠:800万
モノクロ:200万
内:3200万
★★★★☆
高機能なカメラ。Oppoのスマホは自撮りが綺麗なのが特徴
オプション・指紋認証
・顔認証
・おサイフケータイ
・5G
★★★★☆
日本向けにおサイフケータイが追加された。Oppoは同梱品にも期待できる
★合計50点満点中32点↑

中国で2019年12月に発売された端末の日本版

実はこの端末は既に中国で発売(Oppo Reno3 Pro)されており、Oppo Reno3 5Gはその日本版となる。そのため、値段の予想がある程度可能となっている。

中国での値段は3999元。日本円に換算すると約6万円だ。

もし6万円でこの端末が発売されるとしたら、他社の5G端末と比べて圧倒的に安い。5G端末の値段に尻込みしてしまう人でも、これくらいなら手を出しやすいだろう。

ただし、日本版はおサイフケータイが追加、日本向けのバンド対応がなされるなど、多少仕様が変更されている。どれくらい値段に影響が出るのか気になるところだ。

5G対応を除いてもコスパが高い

この端末が5G端末として安いことは分かったが、実はそれを除いても非常にコスパの高い端末となっている。

まず単純に処理性能が高い。Snapdragon 765Gはミドルクラスで最高の処理性能のチップとなっており、同価格帯で最も性能の高いスマホとなる。流石に最高級のAQUOS R5GやXperia 1 IIには勝てないが、それらとは値段が倍以上差がある。コスパは圧倒的にOppo Reno3 5Gの方が上だ。

その他、メモリ、バッテリー、保存容量……あらゆる部分がハイエンド端末と同等だ。流石昨年圧倒的なコストパフォーマンスのOppo Reno Aをリリースした会社だ。ほとんど隙のない構成と言って良い。

唯一、防塵防水に対応していないのが残念な所だ。だが、これは普段使いには影響しないので、妥協できる点だと思う。

有機ELによる美麗な画面

この端末は画面に有機ELを採用しており、抜群に発色がいい

有機ELと液晶は何が違うかと言うと、発光の仕方が違う。液晶は色のついたパネルに後ろから光を当てているため、黒色が光ってしまうのに対し、有機ELは画素そのものが発光しているため、黒黒が本当に黒い。暗い映像を見比べると違いがはっきりと判る。

その上、この端末は前面のほぼすべてがディスプレイとなっており、非常に高い画面占有率となっている。

リフレッシュレートも90Hz(一秒間に画面を書き換える回数)となっており、滑らかな描画が可能になっている。この価格帯で有機ELで90Hzなのはすごいとしか言いようがない。

Oppoの端末は品質がいい

Oppoという会社は日本ではまだ馴染みが薄いが、実は世界で第4位のスマホメーカーである。ソニーやシャープよりも圧倒的にシェアが上なのだ。

スマホの品質も高く、私が使っているOppo Reno Aは未だに全く不具合が発生していない。非常に優秀な端末だ。

3万円台で手に入る全部入りスマホ「Oppo Reno A」3ヶ月使ってみた感想!

2020年2月現在、コスパ最強のスマホとして紹介した「Oppo Reno A」を使用して三か月が経ったので、その感想を纏める。 結論から言うと、想像以上に満足度の高い端末だった。 タップできる【目次】 ...

続きを見る

馴染みの薄い会社のスマホを買うのは勇気がいるかもしれないが、Oppoに関しては安心して買って良い。自信をもってお勧めできるスマホメーカーである。

果たしてこの端末はいくらになるのか。出来れば6万円以内であってほしいと願うのはわがままだろうか。そうなったらOppoのスマホは一気に日本に普及するだろう。Oppo Reno3 5Gの発売が楽しみだ。

AQUOS R5Gの価格判明! 値段の頂はXperia 1 IIに譲られた

いよいよ日本でも次世代の通信規格5Gの運用が始まることになり、各社からは続々と5G対応のスマホが発表されてきている。 そしてシャープからはAQUOS R5Gが発表となり、そのスペックの凄まじさを「モン ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, 2020年発売, スマホニュース
-, , , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.