スマホレビュー スマホ雑記

新品8000円のスマホ!? 思い出の珍スマホBNP-500レビュー!

2020年2月20日

最近、3~4万円台のスマホが盛り上がっている。ひと昔前ならばありえないような高性能、高機能なスマホが立て続けにリリースされている。

法規制により端末割引が制限され、iPhoneのような高級スマホもおいそれと買えなくなった今、ミドルクラスこそスマホの主戦場になるのだ。

ところが、今から6年も前に時代に先駆けてリリースされたスマホがあった。その値段は、3~4万どころじゃない。桁が一つ少ないのだ。

そのお値段、なんと8000円。中古の値段ではない。新品でこの値段なのだ。

それが今日ご紹介するスマホ、「BNP-500」だ。

こいつ……動くぞ!!

電源を入れたのは実に5年ぶりだった。まだ動くことに感動してしまった。

しかも思ったより画面が綺麗。動作も緩慢ながら、ちゃんとアプリも起動できる。

凄い。自らの熱気で死んでしまったarrows M02と違って、コイツはまだ現役だ。見た目が可愛いのもあって結構気に入っている。

6年前からタイムスリップして来たので、いまだにAndroid4(今のスマホはAndroid10)

想像を絶するスペック

6年前のスマホで、しかも8000円の端末。その性能はあなたの想像を絶する。

項目詳細評価
発売日2014/9/22-
値段(コスパ)約8000円★★☆☆☆
意外と使える可愛いヤツ
CPU(処理性能)ARM Cortex-A7★☆☆☆☆
ゲームをすると死ぬ
メモリ1GB★☆☆☆☆
複数のアプリを立ち上げると死ぬ
バッテリー(電池)2000mAh★★☆☆☆
思ったより長持ち
写真などの保存容量4GB★☆☆☆☆
最近のカメラで動画を撮ったら3分で埋まる
画面の綺麗さIPS液晶★★★☆☆
意外にキレイ!!
解像度1280*720★★★☆☆
当時としてはそれほど悪くない
防塵防水なし☆☆☆☆☆
水につけると死ぬ
カメラ(画素)外:800万
内:200万
★☆☆☆☆
おもちゃレベル。写真に謎の撮影時刻が印字される
オプション・充電アダプタ
・GPS
・テザリング
★☆☆☆☆
GPSがちゃんとついてるのすごくない?
★合計50点満点中15点

今まで評価したスマホの中で最低の点数を記録してしまった。だが、あくまでこれは8000円のスマホなのだ。暖かい目で見てやってほしい

まず、処理性能はゲームをすると死ぬ。Chromeはなんとか動いた。Googleマップを立ち上げると建物が出てこなかった。

マルチアプリには対応していない。基本的に別のアプリを立ち上げると元のアプリは死んだ

そしてバッテリーは一丁前に2000mAh積んでいるが、ブラウザを立ち上げただけでモリモリ減っていった。出来ない子が一所懸命仕事をしているようで非常に可愛い。

そして特筆すべきは写真などの保存容量だ。なんと4GBしかない。どれくらいかというと、iPhone11の最低容量の16分の1しかない。

しかもこの4GB、アプリやOSといった最初から入っている物の容量を考慮していない。それを除いた本当の容量はこれだ。

215MBしかない。分かりづらいからiPhone11の最低容量と比較すると、320分の1。たぶんiPhone11のカメラで動画を撮ったら3分で埋まる。

肝心のSDカードが読み込めなかった

それでも私はなんとかこの端末を活かそうと頑張った。一番の問題は保存容量だ。これでは写真を数十枚とっただけで埋まってしまう。

だが、私はそれについては解決の目処がついていた。この端末、なんとSDカードが読み込めるのだ。当たり前とか言わないでくれ。コイツは8000円のスマホなんだ。

私はすぐさまコイツが読みこめる最大容量である128GBのSDカードを購入した。ぶっちゃけスマホより高かった。

その金があったらもっと良い端末が買えただろ……とか冷たい突っ込みは止めてほしい。それくらいこの端末が可愛く見えていたのだ。

が、しかし……!!

読めなかった。何度挿し直しても、SDカードに反応しない。

そ、そんな馬鹿な……仕様書にはちゃんと「microSDカードスロット(128GBまで確認)」と書かれているじゃないか……!! それを信用して128GBのSDカードを買った私は……この子はどうなってしまうんだ……!! 買ったのだってそこら辺の安物じゃない。SandiskのめっちゃいいSDカードなんだぞ……!!

焦った私は公式サイトにメールした。

「せっかく買った可愛いおたくの子がSDカードを読み込んでくれないんです。このままじゃあっという間に保存容量を使い切ってしまいます。どうしたらいいんですか?」

回答はすぐに来た。

新しい子が家にやってきた!!

なんとメールの返事を待つことなく、新品のBNP-500が家に届いた。これがbluedot(この製品の会社)の回答なのか。

黙ってこの子を使えと。そして古い子は送り返せという事か。なんてことだ。せっかく色々設定して愛着がわいてきたころだったのに……

だが、背に腹は代えられない。私は古い子をbluedotに向かってドナドナし、新しい子にSDカードを挿した

そしてSDカードは反応した。やった!! やっぱり仕様書は間違ってなかったんだ!! これでこの子と一緒に楽しい日々が過ごせる!! ありがとうbluedot!!

新しい子も問題児だった

新しい子は優秀だった。アプリはちゃんと動くし、何よりSDカードが機能している。保存容量さえ増やせば、この子はやれる子なのだ。

だが、私はまだこの子の問題に気付いていないだけだった。

それはある日、この子と共に近所を散歩していた時だった。

私は何気なく綺麗と思った景色を写真に収めた。

帰宅した後、写真を確認して気付く。

「……なんか、全部の写真に変な影が映ってる!?」

何てことだ。とうとう私は心霊写真を撮ってしまったのか。ホラー映画を観まくった成果がとうとう出たのか……!!

と思ったが、影はそれほど大げさなものではない。心霊写真でないのはすぐわかった。これが実際の写真だ。

BNP-500-4

左下の、「外部メモリ」と書かれている上にちょっと黒い点があるのが分かるだろうか。本当に、ほんのちょっとの黒い点なのだ。

大したことないと言えば大したことない。だが、これが10万円もするiPhone11とかだったら私は激怒しただろう。

私は笑ってこの子を受け入れることにした。だってこの子は8000円。ちょっと写真撮りが下手っぴだからって、見捨てることなんてないさ。

1か月で乗り換えた。

私は1か月後には別のスマホを使っていた。むしろ良く持った方だと思う。

だってブラウザとTwitterくらいしかできないんだもの、この子……。

やっぱりスマホは出来るだけ性能が良い方がいい。だって一番よく使う日用品なんだから。BNP-500を触っていてそれが良く分かった。この子はスマホの性能の大切さを教えてくれるために、私の所に来たんだと思う

こうやってスマホのブログを作ることもなければ、起動することすらなかっただろう。おかげで良い記事が一本書けた。それだけでも、8000円でこの子を買って、古い子をドナドナして新しく迎えた甲斐はあったと思う。

ありがとうBNP-500

そしてまたしばらくのお別れだ

また何年後かに、思い出のスマホとして紹介しようと思う。それまで死なないでいてほしい。次の記事を書くのは、このブログが残っていれば、3年後くらいだろうか。

それまでお休み、僕のBNP-500……。

 

  • この記事を書いた人
ただのん

ただのん(只乃俊明)

都内在住のシステムエンジニア。スマホはコスパと実用性重視。スマホ選びに悩むあたなのためにこのブログを開設しました。最も多く触れる日用品であるスマホ選びをお助けできればと願っています。

-スマホレビュー, スマホ雑記
-, , ,

Copyright© 超スマホ批評 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.